料金相場

ベッドの処分料金相場を徹底解説!

「ベッドを処分する際の料金相場について詳しく知りたい」
「ベッドを処分する方法がよくわからない」
「ベッドを処分する際に知っておいた方がよいポイントを教えてほしい」

このようなベッドの処分料金相場について知りたい人向けに、ベッドの処分方法と処分料金について、解説していきます。

ベッドを処分する際に知っておくべきポイントについてもご紹介しますので、参考にしてください。

ベッドの処分方法4選

まずは、ベッドの処分方法について4つご紹介します。ベッドのほかにも処分したいものがある場合や手間をかけずに処分したい場合は、不用品回収業者に回収してもらうのが特にオススメです。

不用品回収業者に回収してもらう

1つ目は、「不用品回収業者に回収してもらう」です。ベッドをはじめ、さまざまな不用品の回収に対応しています。

不用品回収業者のメリット

  • 自宅まで回収に来てくれるため、手間をかけずに処分できる
  • ほかの不用品もまとめて処分できる
  • 業者によっては日時指定や即日回収に対応している

ベッドはサイズが大きく重いものが多いため、誰かに手伝ってもらわないと、処分もままなりません。その点、不用品回収業者であれば、ベッドの回収から運搬・処分まですべておまかせできます。

買い替えの場合・お店に回収してもらう

2つ目は、「お店に回収してもらう」です。買い替えの場合は、オプションで古いベッドを引き取ってくれる場合があります。お店によって対応がことなるので、引き取ってもらえるか相談してみましょう。

ベルメゾン「不要家具の無料引取サービス」

ベルメゾンでは、サービスの対象となっているベッドを購入した場合、古いベッドを無料で引き取ってくれます。

  • セール商品は対象外
  • 税込41,800円以上で大型商品送料7,150円の商品が対象
  • 沖縄や離島などの一部地域は対象外

ニトリ「引取サービス」

ニトリでは、配送員設置商品のベッドを購入した場合、購入したベッドと同数量または同容量まで、有料で引き取ってくれます。

  • ニトリ製品以外も引取可能
  • 離島などの一部地域は対象外
  • 家電は引取サービスの対象外
  • 組み立て家具の場合、有料組み立てサービスの利用も必要

ごみ回収に出して処分する

3つ目は、「ごみ回収に出して処分する」です。ベッドは、粗大ごみに分類される自治体が多いですが、サイズや重さによっては回収してもらえないこともあります。念のため、住んでいる地域のルールを確認しましょう。

ベッドを粗大ごみとして出す場合

  • ごみ処理券を購入したり、事前に申し込んだりするなどの手続きが必要
  • 申し込んでから回収されるまでに時間がかかることもある

お金にかわるかも?リサイクルショップに引き取ってもらう

4つ目は、「リサイクルショップに引き取ってもらう」です。人気ブランドのベッドや、キズや汚れのない状態のよいベッドであれば、買い取ってもらえる可能性があります。

ベッド買取価格の相場

  • ノーブランドのベッドは、購入価格の0〜20%程度の買取価格
  • テンピュールやシモンズといった有名ブランドのベッドは、0〜40%程度の買取価格
  • キズ・汚れの有無や使用年数によっても買取価格が変動

ベッドの処分料金解説!

ご紹介した処分方法のうち、処分料金が発生するものについて解説していきます。

不用品回収業者の処分料金

不用品回収業者のベッドの処分料金は、業者によって料金がことなるので、見積もりの際に確認しましょう。状態が良いベッドの買い取りに対応している業者もいます。

ベッド処分料金の目安

シングル3,000円程度
ダブル4,000円程度
ロフトベッド7,000円程度
ベビーベッド3,000円程度

お店に回収してもらう場合の処分料金

ニトリでベッドを回収してもらう場合の処分料金は、1回の配送につき3,300円(税込)です。一部の店舗では、4,400円(税込)かかります。

ごみ回収(粗大ごみ)の場合の処分料金

ベッドを粗大ごみに出す場合の処分料金は、ごみ処理券の購入費用のみです。自治体によりますが、1,000〜2,000円程度で済むことが多いでしょう。

ベッド処分時に知っておくべきポイント!

ベッド処分時に知っておくべきポイントをご紹介します。

細かく切断すれば燃えないごみになることも

ベッドは大きいものが多く、粗大ごみに分類される自治体が多いです。ただ、パーツごとに細かく分解できるベッドについては、燃えないごみなどで処分できることがあります。また、木製のベッドであれば、ノコギリなどで細かく切断して処分できるケースもあります。

ベッドを分解する際には、ケガをしないように軍手などをして作業しましょう。

ベッドの処分料金まとめ!

いかがでしたか?この記事では、以下のことについてご紹介しました。

  • ベッドの処分方法
  • ベッドの処分料金
  • ベッド処分時に知っておくべきポイント!

このように、ベッドの種類・サイズや処分方法によって、処分料金が変わってきます。ベッドの状態によっては、買い取ってもらえる場合もあります。

また、ベッドを手間をかけずに処分したい場合やほかにも処分したいモノがある場合は、不用品回収業者に回収してもらうのが特にオススメです。