料金相場

ソファの処分料金相場を徹底解説!

「ソファを処分する際の料金相場について詳しく知りたい」
「ソファを処分する方法がよくわからない」
「ソファを処分する際に知っておいた方がよいポイントを教えてほしい」

このようなソファの処分料金相場について知りたい人向けに、ソファの処分方法と処分料金について、解説していきます。

ソファを処分する際に知っておくべきポイントについてもご紹介しますので、参考にしてください。

ソファの処分方法4選

まずは、ソファの処分方法について4つご紹介します。ソファのほかにも処分したいものがある場合や手間をかけずに処分したい場合は、不用品回収業者に回収してもらうのが特にオススメです。

不用品回収業者に回収してもらう

1つ目は、「不用品回収業者に回収してもらう」です。ソファをはじめ、さまざまな不用品の回収に対応しています。

不用品回収業者のメリット

  • 自宅まで回収に来てくれるため、手間をかけずに処分できる
  • ほかの不用品もまとめて処分できる
  • 業者によっては日時指定や即日回収に対応している

特に、不用品回収業者であれば自宅まで回収に来てくれるので、処分したいと思ったときにすぐ処分できます。大きく重いソファを回収場所に持って行く手間も、ごみ回収の日が来るのを待つ必要もありません。

買い替えの場合・お店に回収してもらう

2つ目は、「お店に回収してもらう」です。買い替えの場合は、オプションで古いソファを引き取ってくれる場合があります。お店によって対応がことなるので、引き取ってもらえるか相談してみましょう。

IKEA「ソファ・マットレス引き取りサービス」

IKEAでは、新しいソファの配送時に不要となったソファを無料で引き取ってくれます。新しいソファと、同サイズ・同数のソファを引き取り可能です。以下については対象外のため、注意しましょう。

  • 籐製のソファ
  • 電動リクライニングソファ
  • クッション部分と木製フレームが分かれるソファ
  • 著しく汚損しているもの

無印良品「不用品の引き取り」

無印良品でソファを購入した場合、購入したソファと同数量まで有料で引き取ってくれます。

  • 大型商品で吊り下げ作業が必要な場合は、別途料金が発生
  • 不用品の引き取りのみは不可
  • 一部、対象外の地域あり

ごみ回収に出して処分する

3つ目は、「ごみ回収に出して処分する」です。ソファは、粗大ごみに分類される自治体が多いですが、種類・サイズ・重さによっては回収してもらえないこともあります。念のため、住んでいる地域のルールを確認しましょう。

ソファを粗大ごみとして出す場合

  • ごみ処理券を購入したり、事前に申し込んだりするなどの手続きが必要
  • 申し込んでから回収されるまでに時間がかかることもある

お金にかわるかも?リサイクルショップに引き取ってもらう

4つ目は、「リサイクルショップに引き取ってもらう」です。人気ブランドのソファや、キズや汚れのない状態のよいソファであれば、買い取ってもらえる可能性があります。

ソファ買取価格の相場

  • 買取価格は、3,000円~100,000円程度
  • ニトリやIKEAなどの量販タイプは、買取価格が低めの傾向
  • 無印良品や大塚家具などの定価が高いソファであれば、10,000円以上の買取価格のケースも
  • キズ・汚れの有無や使用年数によっても買取価格が変動

ソファの処分料金解説!

ご紹介した処分方法のうち、処分料金が発生するものについて解説していきます。

不用品回収業者の処分料金

不用品回収業者のソファの処分料金は、業者によって料金がことなるので、見積もりの際に確認しましょう。また、状態のよいソファであれば、買い取りに対応している業者もいます。

ソファ処分料金の目安

1人用ソファ4,000円程度
2人用ソファ5,000円程度
3人用ソファ7,000円程度

お店に回収してもらう場合の処分料金

ソファをお店に回収してもらう場合の処分料金は、以下のとおりです。

無印良品

  • ソファ1点につき、3,000円(税込)
  • 吊り下げ作業はプラス4,000円(税込)

ごみ回収(粗大ごみ)の場合の処分料金

ソファを粗大ごみに出す場合の処分料金は、ごみ処理券の購入費用のみです。自治体によりますが、1,000〜2,000円程度で済むことが多いでしょう。

ソファ処分時に知っておくべきポイント!

ソファ処分時に知っておくべきポイントをご紹介します。

ソファを処分するタイミング

ソファの使い方や素材によって耐用年数が変わってきますが、一般的に5〜10年程度と言われています。

ソファの耐用年数(素材別)

  • 本革張り:10年程度
  • 合皮製:5〜7年程度
  • 布張り:8~10年程度

ソファの寿命のサイン

  • クッション部分の弾力がなくなってきた
  • 座り心地や寝心地が悪くなってきた
  • ギシギシという音がする
  • カバーのいたみが目立ってきた

特に、替えがきかないクッション部分がダメになったら、処分のタイミングと考えてよいでしょう。

ソファの処分料金まとめ!

いかがでしたか?この記事では、以下のことについてご紹介しました。

  • ソファの処分方法
  • ソファの処分料金
  • ソファ処分時に知っておくべきポイント!

このように、ソファの種類・サイズや処分方法によって、処分料金が変わってきます。自治体によっては、粗大ごみとして処分できない場合もあるので注意しましょう。また、ソファを手間をかけずに処分したい場合やほかにも処分したいモノがある場合は、不用品回収業者に回収してもらうのが特にオススメです。