料金相場

布団の処分料金相場を徹底解説!

「布団を処分する際の料金相場について詳しく知りたい」
「布団を処分する方法がよくわからない」
「布団を処分する際に知っておいた方がよいポイントを教えてほしい」

このような布団の処分料金相場について知りたい人向けに、布団の処分方法と処分料金について、解説していきます。

布団を処分する際に知っておくべきポイントについてもご紹介しますので、参考にしてください。

布団の処分方法4選

まずは、布団の処分方法について4つご紹介します。布団のほかにも処分したいものがある場合や手間をかけずに処分したい場合は、不用品回収業者に回収してもらうのが特にオススメです。

不用品回収業者に回収してもらう

1つ目は、「不用品回収業者に回収してもらう」です。布団をはじめ、さまざまな不用品の回収に対応しています。

不用品回収業者のメリット

  • 自宅まで回収に来てくれるため、手間をかけずに処分できる
  • ほかの不用品もまとめて処分できる
  • 業者によっては日時指定や即日回収に対応している

特に、大掃除などで布団のほかにも不用品がたくさんある場合は、自力で処分するのは手間がかかります。その点、不用品回収業者に依頼すれば、布団の回収から運搬・処分まですべておまかせできるのでオススメです。

買い替えの場合・お店に回収してもらう

2つ目は、「お店に回収してもらう」です。買い替えの場合は、オプションで古い布団を引き取ってくれる場合があります。お店によって対応がことなるので、引き取ってもらえるか相談してみましょう。

コーナン「各種引取サービス」

全国展開しているホームセンターのコーナンでは、各種引取サービスとして布団の回収を行っています。

  • 布団の購入&持ち込みで引き取り無料
  • 購入1点につき同商品1点のみ

西川「Green Down Project」

羽毛布団などを取り扱っている西川では、ダウン(羽毛)の回収・リサイクルを行う「Green Down Project」に賛同・参画しています。集められた羽毛ふとんの羽毛が、新しい製品の素材として生まれ変わる羽毛循環システムです。

  • 羽毛布団は、Green Down Project 協力店で回収
  • 回収対象商品は、羽毛ふとんと合掛け羽毛ふとん
  • 綿ふとんや敷きふとんは回収対象外

ごみ回収に出して処分する

3つ目は、「ごみ回収に出して処分する」です。布団は、サイズによって燃えるごみ・粗大ごみにわかれる自治体が多いですが、念のため、住んでいる地域のルールを確認しましょう。

布団を粗大ごみとして出す場合

  • ごみ処理券を購入したり、事前に申し込んだりするなどの手続きが必要
  • 申し込んでから回収されるまでに時間がかかることもある

お金にかわるかも?リサイクルショップに引き取ってもらう

4つ目は、「リサイクルショップに引き取ってもらう」です。「質の高い羽毛」または「人気布団メーカー」の商品であれば、買い取ってもらえる可能性があります。

布団買取価格の相場

  • ノーブランドの布団は買取不可の場合が多い
  • 西川、丸八真綿、テンピュールといった人気メーカーの布団は、5,000円〜25,000円程度の買取価格
  • ショップによっては、新品・未使用品のみを買取条件とするところもあり

布団の処分料金解説!

ご紹介した処分方法のうち、処分料金が発生するものについて解説していきます。

不用品回収業者の処分料金

不用品回収業者の布団の処分料金は、業者によって料金がことなるので、見積もりの際に確認しましょう。また、布団はあまり中古品のニーズがないため、買い取りに対応している業者は少数です。

布団処分料金の目安

シングル布団1枚1,000円程度
シングル布団1組2,000円程度
こたつ布団1,000円程度
座布団500円程度

ごみ回収(粗大ごみ)の場合の処分料金

布団を粗大ごみに出す場合の処分料金は、ごみ処理券の購入費用のみです。自治体によりますが、500〜1,000円程度で済むことが多いでしょう。

布団処分時に知っておくべきポイント!

布団処分時に知っておくべきポイントをご紹介します。

布団の耐用年数はどのくらい?

布団がどのくらいの期間使えるかは、布や中綿の種類によって変わってきます。

羊毛・ポリエステル・綿の布団

  • 掛け布団:5年
  • 敷布団:3年
  • 3年以上たつと徐々に布団のかさが減少

羽毛布団

  • 掛け布団:5〜10年
  • 敷布団:5〜10年
  • 打ち直しをすることで、より長く使うことが可能

また、使い方によっては早くダメになったり、より長持ちしたりします。

布団の処分料金まとめ!

いかがでしたか?この記事では、以下のことについてご紹介しました。

  • 布団の処分方法
  • 布団の処分料金
  • 布団処分時に知っておくべきポイント!

このように、布団の処分では処分料金がかからないことが多いです。布団の種類やコンディションによっては、買い取ってもらえる場合もあります。また、布団を手間をかけずに処分したい場合やほかにも処分したいモノがある場合は、不用品回収業者に回収してもらうのが特にオススメです。